港での積み降ろし

経験豊かなプロフェッショナル集団が活躍する港湾荷役

港湾内で船と陸との間で行われる貨物の積卸作業全般を港湾荷役作業といいます。当社の荷役は、主に鹿児島新港、谷山港、川内港、志布志港、加治木港の5つの港にて行っており、これらの港にはコンテナ専用船、在来船、フェリー等、様々な種類の船が寄港します。

荷役作業を行うのは、各種免許を取得している経験豊かな社員たち。彼らは技術や経験に加え、うまく連携を取りながら安全確実、そして迅速な荷役を行っています。

また、当社は多数の社員が効率的に作業を行うため、複数の船での荷役作業が可能です。ご依頼については、お電話にてお問い合わせください。

荷役とは

荷役(にやく)とは、運輸業における作業のひとつ。
トラック・貨車・船舶・航空機といった輸送機器への貨物の積み込みや荷下ろし、あるいは倉庫・ヤード等への入庫・出庫を総称した作業のことである。
小さい荷物では人力による手作業で行う場合があるほか、大型の貨物ではフォークリフト・トップリフター・クレーン車などの機材を使用して行う場合もあり、業種や扱う貨物の種類によって様々である。

参考:Wikipedia

設備・荷役車両

荷役車両 保有台数 荷役車両 保有台数
フォークリフト (1.5t〜8t) 28台 ショベルローダー 2台
油圧ショベル 5台 ホイールローダー 7台
合計 42